header

『八王子英文学論叢』第8号

English Version

『八王子英文学論叢』

Studies in English & American Literature

No. 8(1997)

目 次

【論 文】

レイト・ポストモダニズム論考―ポール・オースターを中心として―   永谷万里雄 1
憑かれた人間の悲劇―ナサニエル・ホーソーンの「痣」について―   新堀  孝 25
An Essay on Franny and Zooey―What is Zen Buddhism for Salinger?―
(『フラニーとゾーイー』論―サリンジャーにとって禅仏教とは何か?―)
  Takao Nakayama
(中山 隆夫)
45
美との邂逅―徐志摩のマンスフィールド観をめぐって―   新堀  司 61
『ジーン・ブロウディ先生の最盛期』におけるスパークの人物像の特質についての一研究   吉田 宏予 77
ジョイスの描写の節度というものについて―ブルームはなぜ妻の行動を黙認しているのか?―   吉田 宏予 89
『ミドルマーチ』におけるジョージ・エリオットの結婚観   岩本 典子 103
英語の掲示・表示に見る日本語からのトランスファー―データ分析を中心に   尾関 麻美 119
言語による性差別の一研究   鈴木 繁幸 151
footer