header

『英語と英語教育の眺望』20周年記念刊行物

 

藤田崇夫・鈴木繁幸・松倉信幸編(2010年)

『英語と英語教育の眺望』

The Future of English Studies

(DTP出版)

(日本英語英文学会20周年記念刊行物)

目  次

序文 編者 4

第1章 英語教育と英米の教育

The Use of Debate in English Writing Class   Noriko Iwamoto
(岩本 典子)
8
Motivational Influences Affecting the Development of L2 Motivation of Japanese Learners of English   Kazuro Shibuya
(渋谷 和郎)
20
「実用英語教育」偏向への批判的考察   奥井  裕 35
幼児期における言葉獲得のフィールドワークより
―アメリカ、中国、日本の幼稚園・保育園での活動―
  横井 一之 52
英国の外国語教育政策―初等学校における外国語必修化の動向―   矢田 貞行 64

第2章 ことばと言語表現

Japanese Loanwords in the Oxford English Dictionary and in the English version of Kæmpfer’s the History of Japan   Schun Doi
(土居 峻)
84
リア王の文体   西田 義和 100
「しゃれ」・「だじゃれ」とPunに関する一考察   鈴木 繁幸 113
法文書における法助動詞“shall”と“will”の選択
―英文憲法と英文契約書の表現効力―
  谷澤 泰史 123

第3章 統語論と語法

不定名詞の作用域   伊藤 達也 142
文末焦点と文末重点から見た背景型・連続型の関係詞節   女鹿 喜治 157
albeit再考   藤田 崇夫 173
状態を表す過去分詞形容詞の英和辞典に見られる表記   松倉 信幸 188
“government of the people”の解釈について   野村 忠央 199
結果構文とTime-away構文の位置づけ   阿部 明子 215

第4章 アメリカ文学とイギリス文学

作品世界の全知の神になれなかったホーソーン
―イーサン・ブランドと赦さざる罪について―
  新堀  孝 230
Contemporary Fiction: Postmodern Gothic   Mario Nagatani
(永谷万里雄)
249
The Old Man and the Sea とJoe DiMaggioの関係に関する一考察   別府 結花 259
ロマン派詩人とアルプス   鈴木 雅光 275

 

執筆者一覧 287
footer